恋に恋する暇があったら真剣に出会いを探せ

恋は焦がれていないで現実の出会いに真剣に向き合うことが大切

公園でのんびりピクニック

読了までの目安時間:約 1分

久しぶりに友人と休みが合ったので、近所の公園にピクニックに行ってきました。いつもはショッピングや映画を観に行くんですが、2人とも最近仕事で疲れ気味なこともあって、自然のある静かなところに行きたいね、なり立てた企画でした。幸い天気にも恵まれて気持ちの良い風も吹いていました。
お弁当は私がおにぎりを作って、友達がおかずを作ってと持ち寄りで、お菓子なんかは公園に行く途中スーパーで買いました。お菓子を買っているときは、なんだか小学校時代の遠足前のドキドキを思い出しました。公園ではご飯やお菓子を食べて本当にのんびり、取り留めなくおしゃべりしたりお昼寝したり・・・充実した日でした。また行きたいな!
プランテル

お花見に行ってきました

読了までの目安時間:約 1分

 最近、主人と一緒に近所に桜を見に行ってきました。
現地でいろんな物を買って食べるのもいいですが、今回はお弁当を持っていこうということで、
朝早くに起きて夫婦でお弁当作りからスタートしました。
たまにはこんな休日もいいですね。

 近所では有名なお花見スポットなので、早くに出発して正解でした。
私たちが到着した頃には駐車場が満車になりかけていました。
まずは写真を撮ったり散歩をしたり。
普段仕事が忙しい主人にとっては良い息抜きになったのではないかなと思います。
とてもいいお天気の中、桜を見ながら食べるお弁当はとてもおいしかったです。
 来年、これから生まれてくる子どもと一緒にお花見をするのが今から楽しみです。

初めてネットで予約して映画を観に行きました

読了までの目安時間:約 1分

家族で映画を観に行こうと計画を立てた日が、ちょうどレディースデーでした。前日の夜から映画館の空き状況をチェックしていたのですが、徐々に埋まっていきます。
それまではネットでチケットを手配したことがありませんでした。しかし今回はそうも言っていられなそう…。
ということで、ネット予約を決意。
意外と簡単に登録できました。
当日、予約した映画の時間の2時間前には映画館に到着しましたが、すでにその時間は完売でした。
私は自動発券機で、すんなりチケットを取り出すことができました。
今回は本当に事前予約をしていてよかったです。子供達もその映画に満足していたみたいだし、今回ネットで登録も済ませたので次回からは簡単に予約できそうです。
もっと早く利用すればよかったです。

頬やフェイスラインのたるみは老けて見られてしまう主因

読了までの目安時間:約 4分

頬やフェイスラインのたるみは老けて見られてしまう主因に。皮膚のハリや表情筋の緩みが弛みにつながりますが、それだけではなく日常生活における何気ない癖も誘因になります。

特に22時~深夜2時までの240分間は肌のゴールデンタイムと言われており、肌の生まれ変わりがより活性化します。ここで睡眠を取ることが何よりのお肌の手入れ方法だということは疑いようのない事実です。

内臓矯正というものは近辺の筋肉や骨が災いして位置以上を起こした臓器を元々収まっていたであろう位置に戻して内臓の健康状態を元に戻すという施術なのです。

美白化粧品だということを正式に謳うには、薬事法担当の厚労省の認可が下りた美白に効く成分(ほとんどがアルブチン、こうじ酸等)を取り入れている必要があるらしい。

美肌に欠かせないコラーゲンは、UVを受けてしまったり物理的な刺激を繰り返し受けてしまったり、精神的なストレスが澱のように溜まったりすることで、傷つき、更には作ることが難しくなっていくのです。

審美歯科(しんびしか)は、美しさを重視したトータルな歯科医療分野のこと。歯が担う役目には物を噛むなどの機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、前者も後者も健康においては外せない要素だと言えよう。

デトックス法というものは、特別なサプリメントの飲用や汗をかくことなどで、そういった体の中にある有毒な成分をできるだけ体外へ流そうとする健康法とされているのだ。

顔色を良く見せたいという気持ちからやみくもにマッサージをする方もいますが、目の下の表皮は敏感で繊細なので、ゴシゴシと強く圧力を与えるだけの乱暴なマッサージはしないほうが無難です。

全般的には慢性になるが、しかるべき手当のおかげで症状・病態が統制された状況に保てれば、自然に治ることも予期される病気だ。

サプリメントなどで知られるヒアルロン酸は人間の細胞と細胞の隙間に多く存在しており、優れた水分保持力や衝撃を和らげるクッション材の役割を担って大切な細胞を護っていますが、老化にともなって体内のヒアルロン酸は少しずつ少なくなるのです。

美容とは、結髪、化粧、服飾などを利用し容姿をよりきれいに見せるために形作ることを言う。なお、江戸時代には化粧(けわい)とほぼ同じように使われていたようである。

美容整形をおこなう美容外科は、要は外科学の一種で、医療に主眼を置く形成外科学(plastic surgery)とは別のものである。また、整形外科学(orthopedic surgery)と混同されやすいのだがまったくもって分野が異なっている。

スカルプの状況が悪くなる前にきちんとケアして、健康的な頭皮を維持する方が賢明です。コンディションが悪くなってから注意し始めても、その改善には時間がかかり、お金もさることながら手間もかかってしまいます。

「デトックス」術には問題点やリスクはまったくないのだろうか。だいたい、体に蓄積されてしまう毒素とはどのような性質のもので、その「毒」は果たしてデトックスで排出できるのか?

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を薬の力だけで完治させようというのには無謀な事だと言わざるを得ません。生活環境や趣味など暮らしすべての在り方まで視野を拡大したような治療が重要になります。

顔汗制汗剤

皮膚科医がまず利用するのが

読了までの目安時間:約 4分

医学界全般がQOL(quality of life=生活の質)を大切に捉える流れにあり、製造業に代表される日本経済の発達と医療市場の急速な拡充により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)は4~5年前ぐらいから非常に人気のある医療分野のひとつだ。

特に就寝前の歯のお手入れは大事。歯の表面に蓄積されたくすみを除去するため、寝る前は丁寧に歯をブラッシングしましょう。しかし、歯のブラッシングは回数の多さではないので、その質を向上することが大切です。

お肌が乾燥する誘因である角質層の細胞間脂質と皮脂の低減は、アトピー患者など遺伝的な要素によるものと、逃れようのないエイジングや基礎化粧品や洗浄料による後天的な要素によるものに大別することができます。

アトピー原因:家族歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)のうち何れか、または2種類以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる誘因、等。

常日頃からネイルの調子に気を付けることで、微々たるネイルの変調や身体の変遷に配慮して、より自分に合ったネイルケアを楽しむことが可能なのだ。

そうした時に多くの皮膚科医がまず利用するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体。外用抗菌薬と併用すれば大体6ヶ月で回復に持ってくることができた場合が多いとのことだ。

例を挙げるなら…今、この文章を読みながら頬杖をついたりしているのでは?この癖は手の力を思いっきりほっぺたに当てて、皮膚に大きな負荷をかけることに繋がっています。

日本皮膚科学会の判定指標は、①強いかゆみ、②独自の皮疹とそのエリア、③慢性と反復性の経過、3つすべてにチェックが入る病気をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と言っています。

美容外科(Cosmetic Surgery)が損壊などのない健康体に処置をするという美のための行為であるのに、危機管理や安全性の確立がおろそかにされていたことが大きな要因としてあるのだ。

心臓の遠くにある下半身は、重力の関係でリンパ液の流動が悪化することが通常。というよりも、下半身の浮腫はリンパ液がやや鈍くなっているという証のひとつ程度に捉えたほうがよい。

よく美容の雑誌や書籍には、小顔になる、肌がきれいになる、痩身効果があるし、デトックス作用が期待できる、免疫の増進など、リンパ液の流れを整えれば何もかも好転!という明るいフレーズが軒を連ねている。

皮膚の奥で生まれる細胞は少しずつスローペースで皮ふの表面へと移動し、結果的に皮ふの表面の角質層となって、時が来ればはがれていきます。この仕組みこそが新陳代謝の内容です。

「デトックス」法には危険性や課題はまったくないのだろうか。だいたい、体に蓄積するとされる「毒素」とは一体どんな性質のもので、その毒物は果たして「デトックス」で流せるのか?

思春期ではないのに出る難治性の“大人ニキビ”の社会人が増加している。10年以上この大人ニキビに四苦八苦している人々が当院にやってくる。

頬など顔の弛みは実年齢より老けて見られる主因です。お肌の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の衰退が弛みに繋がりますが、それに加えて日常生活におけるささいな癖も原因になるのです。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報